おひとりさまの日々

ソロキャンプ、一人旅、老後のこと。できることからコツコツと。

【お弁当】小林カツ代さんの『ピクルス入り一口カツ』作ってみた

 

f:id:bata-ko-hi-sarada:20190811063537j:plain



週末のお弁当おかず作り。

今日は小林カツ代さんの『ピクルス入り一口カツ』を作ってみました。

本当は牛肉を使うんですけど、高かったので豚もも肉にしてしまいました。

 

で作ったのがこれ。

 

f:id:bata-ko-hi-sarada:20190811063531j:plain

多分牛肉だったらもっと肉の赤とピクルスの緑のコントラストが綺麗だったんだろうなあ。

 

実食。

柔らかいです。

豚もも肉薄切りを巻いているのとピクルスが中に入っているおかげで噛み切りやすい。

しかもピクルスがジューシー、酸味はあまりないかな。

ピクルスの風味が大人のカツって感じです。

カツ代さんのレシピにはマスタードを入れると美味しいと書いてありました。

牛肉、ピクルス、マスタードって絶対美味しそうな組み合わせですよね。

 

ちなみにこのレシピがのっているのがこちらの本。

 

 

お弁当の本はいくつか持っているんですが、この本が一番使用頻度高いです。

 

本書のいいところ。

  • 工程も少なく、材料がスーパーで揃えやすい。
  • お弁当作りならではのコツが書かれている。(ソースが蓋につかない方法など)
  • 子供用の調理のコツが書かれている(そぼろがポロポロしない工夫など)

まさにあるあるな悩みに答えてくれる、庶民目線な本です。

 

カツ代さんのこういうところがすごいなあと思います。

有名人なのに庶民の心をつくのが上手い!

 

他にもカツ代さんのお菓子本も持っているんですが、

そっちも庶民あるあるなポエムのようなもの(?)が書かれてて面白かったです。

ちなみにこの本ですね。

 

 
ちょっと古い本なんですけど、
お母さんやお子さんとの思い出、おやつに関する珍エピソードなど、
レシピの下の方にちょこっと乗っていて、情景が浮かび上がってくるんですよね。
それで、ついついお菓子を作りたくなるんです。
 
お気に入りは焼きリンゴのポエムです。
 
「ごんりきや」
 
響きが強そう。