おひとりさまでも楽しく暮らしたい

ソロキャンプ、一人旅、老後のこと。できることからコツコツと。

「いちばんやさしい新しいSEOの教本」でSEOに強いブログ構成について学ぶ

おすすめ度 ★★★(5点中)

どちらかというと企業向けの内容が多かったです。

個人ブログには関係ないかなと思われるところは飛ばし読みしてしまいました。

ただ個人ブログにも使えそうな技もたくさんありました。

SEOや検索ビジネスについての解説もあり「SEOでマッチングさせるにはどうすればいいのか?」「Googleをどう利用していけば良いのか?」など、考える切っ掛けにもなりました。

  

得られたもの

  • 『キーワードプランナー』『関連ワード取得ツール』を使って検索数の多いキーワードを調べる。
  • 検索数の多いキーワード、組み合わせを元にサイト構成を考える。
  • ソーシャルボタンはトップページ上部、記事下部に設置する。
  • モバイルフレンドリーなブログにする。(レスポンシブウェブデザイン)
  • Googleアナリティクス』、『Search Console』で分析をする。

とにかく「ユーザーフレンドリーであることが大事」だと何度も書いてありました。

ユーザーの検索意図を知り、欲求を満たす記事を作成する。

そこから他の記事にも興味を持ってもらえるようにする。

確かに筋が通っている。

ただしそれには専門的な知識が必要だし、幅広い知識が必要なんだろうな、とも思ったり。

結局スキル持ちが強いですよね。

私はどれだけやれるのかなあ……

子供の頃からアトピーで苦労しているので『アトピーの対処法』『スキンケア』『コスメ』については詳しく書けるかもしれませんね。

ただ『美容』『健康』『アトピー』分野は書いている人がたくさんいるので、私の記事が目にとまるのはなかなか難しいところです。

キーワードプランナーで気になるワードについて検索したところ『アセクシャル』『おひとりさま』『Scrivener(文章管理ツール)』についてはキーワードも少なく、検索数も少ない傾向にあったんですよね。

まだ発展途上のブルーオーシャンなのかも。

こういった分野の掘り下げ記事を書くことができれば、私の記事も検索結果の上の方を狙えるかもしれませんね。

 

イマイチだった点

  • 専門用語がバンバン出てくる。

「いちばんやさしい」とタイトルにありますが初心者には難しいかもしれません。

解説はあるものの、用語がだんだん増えていくので忘れます。(私の記憶力のせいかも)

  • 図が少なく、文章が多い。

文章が多いから具体的な内容が書いてあるかと言うと、そうでもないんですよね。

「Search Consoleの登録方法」、「得られた結果をどう利用していくか?」などについては本書だけではわからず、インターネットで調べてしまいました。

広く浅くといった感じですかね。

得られた結果の利用方法について詳しく知りたかったのですが、プロの人でもはっきり「こうすればいい」とは言えないのでしょうか?

 

キーワードプランナーの可能性

ところで今回『キーワードプランナー』を初めて使ったのですが、面白いですね。

「みんなはこういうワードで検索してるんだなあ」って見ているだけでも楽しいです。

SEO対策に役立てるのもいいけれど、探しものをする時にも役に立ちそうだなって思いました。

検索結果上位のページに満足できない時ってあるじゃないですか。

似たようなページ、広く浅い内容。

「実際に使用している人の意見やアイテムを知りたいのになあ」って不満に思ったことありませんか?

でも、どういうワードで調べたら知りたい内容の記事が出てくるのかわからない。

そんな時に使えそうな気がします。

 

まとめ

初心者向けにしてはやや敷居が高い+企業向けな内容が気になりました。

ユーザーフレンドリーなサイトを目指すこと、ツールを使用して客観的にキーワードを選ぶことには納得。

今後のブログ運営に生かしていきたいと思いました。