おひとりさまの生活改善ブログ

シングルライフについて真面目に考える。一人旅、老後のこと。できることからコツコツと。

奥多摩『氷川キャンプ場』でテント泊しました!【ソロ徒歩キャンプ】

f:id:bata-ko-hi-sarada:20211006055615j:plain

前回デイキャンプした氷川キャンプ場でテント泊してきました。

 

 

上流の混雑具合をチェック

f:id:bata-ko-hi-sarada:20211006055144j:plain

氷川キャンプ場に向かう途中の『昭和橋』から上流の混雑具合をチェック。

小さいテントがまばらに見える~。

ソロが多そうな予感。

 

キャンプ場の近くに綺麗なトイレあり

f:id:bata-ko-hi-sarada:20211006055632j:plain

氷川キャンプ場入り口を横目に通り過ぎるとトイレがあります。

けっこう綺麗なのでオススメ!

多目的トイレはザックも置けるほど広かった。

 

下流の混雑具合をチェック

f:id:bata-ko-hi-sarada:20211006055641j:plain

トイレからさらに歩いて数分。

『もえぎの湯』という看板の先にある階段を降ります。

 

f:id:bata-ko-hi-sarada:20211006061610j:plain

『もえぎ橋』。

東京とは思えない風景……!


この橋の向こうに温泉『もえぎの湯』があるみたい。

今回は行かなかったけどコロナが落ち着いたら行ってみたいな。


吊り橋の上から下流の混雑状況をチェック!

f:id:bata-ko-hi-sarada:20211006055136j:plain

うーん、ちょっと大きめのテントが見えますね。

カップル、ファミリー、グループ層多めかな?

前回はここでデイキャンプしたんですよね。

 

ということで、

今回はソロが多そうな上流側にテントを張ることにしました。

 

テントを張る(初タープ!)

f:id:bata-ko-hi-sarada:20211006061624j:plain

上流側がソロ多めなのがわかる光景。

石ゴロゴロ、足場悪い、水場から遠いとなればファミリー、グループ層は来ないよね。

でもちょっとの苦労で静寂とソーシャルディスタンスが手に入るなら私は苦労する方を選ぶよ。

 

f:id:bata-ko-hi-sarada:20211006055215j:plain

設営完了!

テントはトレックライズ1。二回目なので慣れたもの。

タープはトレックタープbeyond。タープは初めて張りました!(立ってよかった)

小さいって聞いてたけどテントに張るならちょうど良さそう。

タープだけだと狭いのかな?

 

f:id:bata-ko-hi-sarada:20211006055157j:plain

横から見ると、こんな感じ。

夕方だったので日陰効果はあまり感じられなかった。

けど、周囲の視線を遮ってくれる。ソロにはありがたい……

 

f:id:bata-ko-hi-sarada:20211006055206j:plain

後ろはこんな感じ。

真ん中の紐も張ったほうが安定するんだろうけど、通気孔塞いじゃうし、風も強くないしで良いかなと放置。

 

薪、炭を購入(初炭起こし!)

f:id:bata-ko-hi-sarada:20211006055232j:plain

クリーニング屋でもらった、でかいショルダーバッグにすっぽり入った。

 

f:id:bata-ko-hi-sarada:20211006055257j:plain

薪一束700円+売店で店員さんにもらった薄い板。

この板が焚付にちょうど良い。足でバキッと折れるくらい薄いの。

ありがとう店員さん。

 

f:id:bata-ko-hi-sarada:20211006055240j:plain

炭1キロ500円。

「1キロ多くない?」と思ったけど、これが一番少なかった。

 

ちなみに氷川キャンプ場は薪、炭の持ち込みは不可。

現地で買う気満々だったから問題ナッシング!

 

焚き火と炭火を起こす

前回は焚き火失敗したので今回はちゃんと準備しました。

 

1.落ちている石を拾ってかまど作り。

 

2.よく燃えると評判の着火剤も持ってきた。

 

3.板切れを足でバキバキ折る!

 

4.バトニングをする!(薪でナイフの背を叩いて薪を割る)

写真取らなかったけど、めっちゃ気持ちいい!

スコーンって割れる! こりゃあストレス解消にもってこいだ。

ちなみに使ったのはキャンパーに大人気のモーラナイフ。

 

5.フェザースティックを作る!

薄く削るの難しい(途中で切れる)けど、それっぽいのができた。

 

f:id:bata-ko-hi-sarada:20211006055306j:plain

着火剤、板、フェザースティック、薪(小中大)と順番にのせていく。

チャッカマンで点火。

着火剤すごい。今までにないくらい燃えてる。

 

f:id:bata-ko-hi-sarada:20211006055314j:plain

焚き火台もセット。

「今晩は炭火焼き肉パーティーだぜ。へへへ……」

今回は地べたスタイルにしました。

本当は折りたたみマットを持ってきたかったんだけど、ザックを容量を食ってしまうので座布団サイズを購入。本当は大きなマットの上でごろ寝したかった。持ち物を厳選しなきゃいけないのが徒歩キャンパーの辛い所。

 

薪と炭の面倒を同時に見る。

100均で買った火吹き棒で交互に吹くいていく。

弱まった炎が吹くたびに燃え上がるさまは見ていて楽しい。

 

薪はそうでもないけど、炭がけっこう火花散るんですね。

 

f:id:bata-ko-hi-sarada:20211006055529j:plain

案の定、炭火でグランドシート(100均)に穴が空いてしまった。

100均シートなら良いけど、タープに穴が空いたら嫌だな。

焚き火、炭火する位置も考えないと。

 

炭火焼き肉パーティー

f:id:bata-ko-hi-sarada:20211006055339j:plain

前菜の焼きとうもろこし。

本当は皮付きをじっくり黒焦げになるまで焼いて作りたかったけど、旬すぎてたので皮なししかなかった。

しょうゆ砂糖バターを溶かしたものを塗って焼く。

調味料ちゃんと計ってこなかったからややパンチ弱いけど、美味しい!

 

f:id:bata-ko-hi-sarada:20211006055412j:plain

豚トロ。

 

f:id:bata-ko-hi-sarada:20211006055420j:plain

エリンギ、牛肉。

 

f:id:bata-ko-hi-sarada:20211006055445j:plain

にんにくにオリーブオイルをかけて焼いてみる。

 

肉を半分くらい食べたところでお腹いっぱいに。

昔は焼き肉食べ放題行ってたのに~!

焼き物ばかりで飽きてきたから爽やかなフルーツが食べたい。

 

f:id:bata-ko-hi-sarada:20211006055435j:plain

デザートに焼きマシュマロ。

竹串に挿して火元でぐるぐる回すだけ!

サクとろで美味しいけど、口は酸味のあるフルーツを求めている。

 

f:id:bata-ko-hi-sarada:20211006055440j:plain

こんなことしちゃったりして。

スモア~!!

焼きマシュマロをアルフォートで挟んでみました。

 

お腹いっぱい食べて、歯を磨いて、この日は就寝。

 

早朝の氷川キャンプ場

f:id:bata-ko-hi-sarada:20211006055453j:plain

5時~6時くらい。

 

f:id:bata-ko-hi-sarada:20211006061615j:plain

雨降ってないけど、タープ、フライシートに水滴が。

 

f:id:bata-ko-hi-sarada:20211006055510j:plain

トイレ、暗い中でも明かりがついているから安心。

 

f:id:bata-ko-hi-sarada:20211006055501j:plain

水場にも明かりが。

 

夜も川の音が聞こえた。自然の中にいるって感じ。

 

カオスな朝食

f:id:bata-ko-hi-sarada:20211006055537j:plain

残りの薪を燃やす。

 

焚き火で昨日の焼き肉の残りを温める。

焚き火調理って難しい。

火のあたってない所は温まらないし、うかうかしてると焦げる。

 

f:id:bata-ko-hi-sarada:20211006055543j:plain

フリーズドライの味噌汁。

これも火があたってないですね……

かまどを適当に作ったツケがきている気がする。

 

朝焼き肉は失敗だったな~

朝はパンとか爽やかなものを食べたい。

 

f:id:bata-ko-hi-sarada:20211006055607j:plain

カフェクアラで期間限定、秋のパンFestaをやっていたのでシナモンロールとコーヒー購入。

シナモンロールうま~!」

トースターもあったから温めればよかったな。

コーヒーは挽きたて。苦すぎず、複雑な味がする。爽やかな朝に合う。

 

f:id:bata-ko-hi-sarada:20211006055624j:plain

9時頃にチェックアウト。

テント泊のチェックアウトは12:00までだからゆっくり撤収できますね。

受付には寄らずそのまま帰っていいみたい。

 

氷川キャンプ場は景色もいいし、スタッフは親切だし、アクセス良いし、ソロ多いし、ですっかりお気に入りのキャンプ場になりました。

あとは石ゴロゴロの環境をいかに快適にするかだなあ。

食事も見直したい。朝から焼き肉はないわ~。30代にはきついわ……

次回は爽やかな朝食が取れるように頑張るぞい!