おひとりさまの日々

ソロキャンプ、一人旅、老後のこと。できることからコツコツと。

『スタミュ1~3期』ミュージカル×青春アニメ、いきなり歌って踊りだすよ!

おすすめ度 ★★★★★(5点中)

 

私の中で久々の大ヒットアニメ。

 

もうこのアニメの何が良いって、

  • 日常の中で唐突にミュージカルが始まるハチャメチャ感
  • めっちゃ動く(一話につき一つはミュージカルシーンが入っている)
  • 主人公が前向き(強メンタルの持ち主)
  • ハッピーエンド大団円(1~3期全部ラストの盛り上がりが最高だった!)

見ているだけで元気をもらえるアニメ、それがスタミュ

 

先日3期を視聴しました。

なので、地上波で見た1~2期とまとめて感想を上げてみようと思います。

 

驚きの1期

まず、いきなりミュージカル始まったのに驚きましたね。

ミュージカル学科? 華桜会? ご登校!?

学園のトップに君臨する華桜会による唐突なミュージカルパート。 

「我ら、綾薙学園華桜会

1~3期、いろんなバージョンで引き継がれていくスタミュを代表する曲の一つ。

 

初見はびっくりしました。

「めっちゃ動いてる! かっこいい曲! 振り付け!」

 

でもよく聞くと、とってもナルシスト臭溢れる歌詞ですね。

「まぶしいのは僕らのせいさ」

「舞い降りたる 罪深きプリンス」

これを格好いいポーズ、ドヤ顔満載の振り付けで踊るという。

 

振り付けもすごい。

「オンリー・ワンはこれだよ」の千手観音ポーズ

チューチュートレインのごとく、メンバーが後ろに並んで色んな方向を指差す。

オンリーワンどこだよ状態。

鳳先輩のボッチミュージカル。

一人だけ別室でミュージカルしてる。

でも堂々としてるのでボッチ感はあまりない。

 

お気に入りは

鳳先輩の「魔法など在りはしない リアルだから伝説なのさ」からの、

みんなで「SATISFY!」が格好良すぎる!

 

このミュージカルパートからも華桜会「只者じゃない感」がよく出ていると思います。

 

この最初のミュージカルで心を掴まれました。

シリアスな笑いと格好良さが絶妙にマッチして、とにかくすごい!

見てない人は是非見てほしい。

ニコニコ動画で第一話は無料で見れますよ。

 

ミュージカルはかなり個性的だけど、話としては王道少年漫画系でした。

ギスギスしていたチームが光属性主人公により結束していく。

みんなで困難を乗り越え、大団円。

青春ですねえ……!

 

ちなみに私の押しキャラは主人公の星谷くん

  • 最初は落ちこぼれ
  • 周囲を引き込んでいく光属性な性格
  • 純粋素直

ザ・主人公って感じの性格。

この王道っぷりが安心感を与えてくれますね。

この子が主人公の限り悲しい結末にはならないだろう、そう思わせてくれる主人公です。

 

スタミュといえばミュージカルパート。

「我ら、綾薙学園華桜会」以外にも魅力的な曲がたくさんあります。 

 

「星瞬COUNTDOWN」

とっても前向きになれる曲。

「強がりさえプライドになる」

「羽ばたく方法は自由」

あまりにも良かったので購入しました。

 

「☆☆永遠★STAGE☆☆」

ミュージカルアニメっぽい青春前向きソング。

「人知れず流した汗は」

「裏切りはしない」

「絶対にね!」

これも良かったので購入。

 

まさかの第2期

1期が「歌とダンス」としたら2期は「演技」がテーマ。

 

2期はファンの中でも荒れてたみたいですね。

確かにモヤッとする部分はありました。

 

桜会の先輩と舞台に立つために、限りある役を巡って争う生徒たち。

これは良いんですよ。

でも最初チーム単位で競って、途中から個人戦になるというよくわからない展開。

そもそもチーム単位で競う意味が不明。

それなら最初から優秀なチームが有利でしょう。

ミュージカル学科に入って成長した人がいても、他メンバーに足を引っ張られるかもしれない。

平等とは言えないやり方じゃあないですかね。

 

あと主人公をメインの役にするために都合のいい展開にしてしまったことでしょうか。

私は星谷くんが好きなのであまり気にしてませんでしたが、確かにご都合主義なところがあったかも。

 

でもそんな波乱とモヤモヤの2期にも良いところはたくさんありました。

 

アンシエントの「我ら、綾薙学園華桜会

鳳先輩たちの先輩、アンシエントの皆さんによる「我ら、綾薙学園華桜会」。

よりゴージャスになって帰ってきました!

「揃いたるは 伝説のプリンス」

「全宇宙 ざわめく」

前回は「全世界 ざわめく」だったのに、とうとう宇宙規模に……!

 

全員で歌う「Gift」

役者も裏方も、みんなで歌った曲。音に厚みがあって聞いててワクワクする!

「ひとつぶの光が 幾億のフレーズが」

「惹かれ合うように 幕が開き」

「奇跡を放つカーテンコール」

このあたり、めっちゃ好き。(*^^*)

ザ・ミュージカル、みんなで作り上げた舞台といった感じの曲です!

この曲も素敵だったので購入しました。

朝の通勤時間に聞くと元気出ます。

アイドルソングを聞くドルオタのような気分。

疲れてる時にめっちゃ効くんですわ……

 

スタミュはラストの盛り上げが毎回素晴らしいですね。

 

いつの間にかやっていた3期

スタミュの続編があることに長い間気づきませんでした。

いつの間にかやっていた3期。

 

新華桜会の「我ら、綾薙学園華桜会

ちょっと動きが少なくて物足りないなあと思ってしまった……゚(^_^.)

今までが動きすぎたんですよ。

ミュージカルパート手書きって相当大変だろうに毎回入れてくるから、私の中のハードルが勝手に上がっていたようです。

 

と、思ったら最終回

星谷達による「我ら、綾薙学園華桜会~NEXT STAGE~」

まさか彼らが歌うとは思っても見ませんでした!

振り付けは鳳先輩たちとほぼ一緒。教え子らしいリスペクトを感じますね。

「夢をぎゅっと引き寄せて 抱きしめるように強く」

「諦めるなんて知らない 叶えてみせるさ!」

なんて、若さと希望に溢れた歌詞。

もう……最高です!  (つД`σ。゚.

 

3期に関しては、1期2期ほど好きな曲は見つけられませんでした。

でもストーリーは凝っていたし、脇キャラの掘り下げもあり、

スタミュの新たな一面を見ることができたのは良かったですね。

 

登場人物の掘り下げが多かった3期

エリートチームのリーダー辰巳。

これまでは穏やかな美少年で、あまり心の内がわからないキャラでした。

桜会分裂によって微妙な立場に立たされたけど、それをチャンスに変えようと決心。

彼の熱い一面が見えて良かったです。

それにしても「星谷のこと認め始めているんだろうなあ」とは思っていたけど、ここまでとは。

4期があったら彼らのライバル関係ももっと描かれるのかなあ。

4期お願いしますよ~ (*˘人˘*)

 

南條と北原。

この二人については2期で登場。

正直キャラが良くつかめないまま終わってしまいました。

今回掘り下げられて、この二人がドライな関係(互いにそう思っている)であるということを初めて知ることに。

結構複雑な性格だったみたいですね。お互いに。

でも最終的には仲直りしたようで良かったです。

 

それにしても南條くんと天花寺くん、

二人とも俺様ドヤ顔タイプなのに微妙に違うのが面白い。

 

冬沢さん。

冬沢さんの静かな狂気が印象的な3期でした……

突っ走り方が凄まじい。まさに暴走戦車。

あんなにクールっぽい見た目してるのに覚醒してからの暴走っぷりがとんでもないですね。

突っ走って、迷走して、自分でもどうしたら良いのかわからなくなっているようでした。

根は悪い人じゃないようなんですが、周りに迷惑かけすぎましたね。(^_^.)

こういうキャラがいないと盛り上がらないんでしょうけども。

でも、彼の気持ちもちょっとわかります。

誰かと比べてしまうこと、比べた相手に見てもらえなかった時の悲しみ。

自分が欲しくてたまらないものを、ぞんざいに扱う相手に憤りを覚える気持ち。

最初はあんまり特徴のないクールキャラかと思ってたけど、いい意味で裏切られました。

人間くさくて、初登場なのにすごく印象深いキャラになりましたよ。

 

最後に

4期やってほしいなあ……

今の2年生の内、誰が華桜会メンバーになるかで揉めそうだけど、

めっちゃ見たいわ~。