おひとりさまの生活改善ブログ

シングルライフについて真面目に考える。一人旅、老後のこと。できることからコツコツと。

もくりで『Twitter相互さん限定もくもく会』を考えてみた【勉強、作業が捗る】

f:id:bata-ko-hi-sarada:20211009190041p:plain

 

もくもく会とは?

同じ場所に集まり、各自が勉強や作業を自由に黙々と進める会のこと。

エンジニアさんが多いようだけど他にも勉強や作業をもくもくやるだけでもいいみたい。

 

<主な進め方>

時間設定→各々やる事を宣言→黙々と作業

→終わったら進捗共有および目標達成できたかの報告をする。

 

ソロキャンプのもくもく会もあるみたい。

黙々とソロキャンプして、時には人と話す時間を設けるみたいな感じかな?

見知った人同士だと安心感あるかも。

 

オンライン映画鑑賞のもくもく会も。

これは動画配信サイトの共有機能を使ってオンライン映画鑑賞をするというもののようです。

NetFlix:TelepartyというGoogle拡張機能全員Netflix会員である必要がある。

Amazon prime video:Watch Party。全員Amazon prime会員である必要がある。

Hulu:Hulu Watch Party。全員Hulu会員である必要がある。

うーん、会員資格が必要となると一部の人しか利用できないかもですね。

恋愛要素なし映画をアロマンティック勢で鑑賞してみるというのも面白そうだけど。

 

もくりとは?

部屋に入って作業するだけ

もくりにはフリースペースとルームがあります。

フリースペース:最大20人まで通話可能。入室できる友達を選ばない。

ルーム:最大10人まで通話可能。入室できる友達を選べる。

勉強作業用のもくもく会ならフリースペースが良さそうですね。

 

部屋に入ったことを友達にお知らせしてくれる

部屋への入り方は3つ。

「自分でフリースペースを作って入る」

「誰かのフリースペースのリンクから入る(Twitterでお知らせ)」

「誰かの通知から入る(友達申請したら通知がいく)」

 

無料でできる

素晴らしい……!

 

音声でもチャットでもOK

片方音声で片方チャットでもOK。

声が出せない状況にいる場合(図書館とか)、マイクがない場合に便利ですね。

写真も送れるので作業の経過報告がしやすそう。

投稿したメッセージや写真は24時間経過すると自動的に消えるとのことで安心感ありますね。

 

iOSAndroidアプリ、ブラウザ版あり

 

Twitter連携が便利

アカウント登録でTwitterのアカウントが使える。

手続き3ステップ。

Twitterの自己紹介がそのまま流用できて便利。(修正もできる)

 

もくりをやっているTwitterフォロワーさんがわかる。

そのまま友達申請することも可能。

 

Twitter用に招待リンクを作成できる。

フリースペースのリンクを作成で招待リンクを簡単作成できる。

友達申請が成立すれば、その後はオーナーが入室したら通知がくるようです。


ポモドーロタイマーが生産性上げるのに便利

集中モードというものがあります。

初期設定は25分集中、5分休憩。

ポモドーロ・テクニックと呼ばれる生産性がめっちゃ上がる方法のようです。

 

「本当にサボらないのか?」一人で作業してみた

フリースペース試しに一人で使ってみました。

 

f:id:bata-ko-hi-sarada:20211009183139p:plain

まずはアカウント作成。

右上の新規登録クリック。

 

f:id:bata-ko-hi-sarada:20211009183143p:plain

Twitterで登録をクリック。

 

f:id:bata-ko-hi-sarada:20211009183213p:plain

連携アプリを認証。

 

f:id:bata-ko-hi-sarada:20211009183232p:plain

名前を確認して登録。

 

f:id:bata-ko-hi-sarada:20211009183317p:plain

プロフィールはTwitterと同じでいいのでこのままいきます。

プロフィールを登録。

 

f:id:bata-ko-hi-sarada:20211009183323p:plain

もくりを登録している友達(Twitterの相互さんかな?)が出てきました。

友達申請はあとにして「mocriをはじめる」をクリック。

 

f:id:bata-ko-hi-sarada:20211009183401p:plain「フリースペース設定」を確認します。

一人なので「ゲスト招待」は無しで。(初期設定はオフになってる)

フリースペースにをクリック。

 

f:id:bata-ko-hi-sarada:20211009183435p:plain

右下のアイコン「集中」をクリック。

作業時間、休憩時間を変えられるみたいですね。

今回はこのまま行きます。

 

f:id:bata-ko-hi-sarada:20211009190041p:plain

25分後の作投稿。

ブログのアウトラインのようなものを作ってます。

脳内でまとめるのが下手なので、そのままブログに書くとごちゃごちゃしちゃうんですよね。

 

【企画】「Twitter相互さん限定もくもく会

Twitter相互さんでもくもく会してみたいな」

「仲良くなったら実際に会って一緒に作業したり、美味しいもの食べに行ったりしてみたいな」

と思ったので企画してみました。(開始日時場所をお知らせするくらいですが)

 

【使うソフト】mocri

  • 25分作業、5分休憩の集中モードを使って各々作業をします。
  • 休憩室みたいな雰囲気を目指していきたい。(ふらっとやってきて、勉強や作業して、休憩の合間ちょっと声かけあうみたいな)
  • カメラなし、音声なしのチャット(マイク持ってないので)

 

【目標】勉強、作業の生産性を上げる(さぼりにくくする)

あと仲良くなれたら嬉しい。

 

【流れ】

  1. 入室、各々やることを宣言する。
  2. 25分作業:各自黙々と作業する。
  3. 5分休憩:進捗状態を報告する。(写真でも文字でも)
  4. 作業休憩を4回繰り返す(2時間位やる予定。途中退室もOK)
  5. 結果報告して解散(互いに褒め合うとモチベーション高まるかも)

こんな流れでどうでしょう?

もし気になったよーってTwitter相互フォロワーさんは教えて下さい。

友達申請しにいきます!

奥多摩『氷川キャンプ場』でテント泊しました!【ソロ徒歩キャンプ】

f:id:bata-ko-hi-sarada:20211006055615j:plain

前回デイキャンプした氷川キャンプ場でテント泊してきました。

 

 

上流の混雑具合をチェック

f:id:bata-ko-hi-sarada:20211006055144j:plain

氷川キャンプ場に向かう途中の『昭和橋』から上流の混雑具合をチェック。

小さいテントがまばらに見える~。

ソロが多そうな予感。

 

キャンプ場の近くに綺麗なトイレあり

f:id:bata-ko-hi-sarada:20211006055632j:plain

氷川キャンプ場入り口を横目に通り過ぎるとトイレがあります。

けっこう綺麗なのでオススメ!

多目的トイレはザックも置けるほど広かった。

 

下流の混雑具合をチェック

f:id:bata-ko-hi-sarada:20211006055641j:plain

トイレからさらに歩いて数分。

『もえぎの湯』という看板の先にある階段を降ります。

 

f:id:bata-ko-hi-sarada:20211006061610j:plain

『もえぎ橋』。

東京とは思えない風景……!


この橋の向こうに温泉『もえぎの湯』があるみたい。

今回は行かなかったけどコロナが落ち着いたら行ってみたいな。


吊り橋の上から下流の混雑状況をチェック!

f:id:bata-ko-hi-sarada:20211006055136j:plain

うーん、ちょっと大きめのテントが見えますね。

カップル、ファミリー、グループ層多めかな?

前回はここでデイキャンプしたんですよね。

 

ということで、

今回はソロが多そうな上流側にテントを張ることにしました。

 

テントを張る(初タープ!)

f:id:bata-ko-hi-sarada:20211006061624j:plain

上流側がソロ多めなのがわかる光景。

石ゴロゴロ、足場悪い、水場から遠いとなればファミリー、グループ層は来ないよね。

でもちょっとの苦労で静寂とソーシャルディスタンスが手に入るなら私は苦労する方を選ぶよ。

 

f:id:bata-ko-hi-sarada:20211006055215j:plain

設営完了!

テントはトレックライズ1。二回目なので慣れたもの。

タープはトレックタープbeyond。タープは初めて張りました!(立ってよかった)

小さいって聞いてたけどテントに張るならちょうど良さそう。

タープだけだと狭いのかな?

 

f:id:bata-ko-hi-sarada:20211006055157j:plain

横から見ると、こんな感じ。

夕方だったので日陰効果はあまり感じられなかった。

けど、周囲の視線を遮ってくれる。ソロにはありがたい……

 

f:id:bata-ko-hi-sarada:20211006055206j:plain

後ろはこんな感じ。

真ん中の紐も張ったほうが安定するんだろうけど、通気孔塞いじゃうし、風も強くないしで良いかなと放置。

 

薪、炭を購入(初炭起こし!)

f:id:bata-ko-hi-sarada:20211006055232j:plain

クリーニング屋でもらった、でかいショルダーバッグにすっぽり入った。

 

f:id:bata-ko-hi-sarada:20211006055257j:plain

薪一束700円+売店で店員さんにもらった薄い板。

この板が焚付にちょうど良い。足でバキッと折れるくらい薄いの。

ありがとう店員さん。

 

f:id:bata-ko-hi-sarada:20211006055240j:plain

炭1キロ500円。

「1キロ多くない?」と思ったけど、これが一番少なかった。

 

ちなみに氷川キャンプ場は薪、炭の持ち込みは不可。

現地で買う気満々だったから問題ナッシング!

 

焚き火と炭火を起こす

前回は焚き火失敗したので今回はちゃんと準備しました。

 

1.落ちている石を拾ってかまど作り。

 

2.よく燃えると評判の着火剤も持ってきた。

 

3.板切れを足でバキバキ折る!

 

4.バトニングをする!(薪でナイフの背を叩いて薪を割る)

写真取らなかったけど、めっちゃ気持ちいい!

スコーンって割れる! こりゃあストレス解消にもってこいだ。

ちなみに使ったのはキャンパーに大人気のモーラナイフ。

 

5.フェザースティックを作る!

薄く削るの難しい(途中で切れる)けど、それっぽいのができた。

 

f:id:bata-ko-hi-sarada:20211006055306j:plain

着火剤、板、フェザースティック、薪(小中大)と順番にのせていく。

チャッカマンで点火。

着火剤すごい。今までにないくらい燃えてる。

 

f:id:bata-ko-hi-sarada:20211006055314j:plain

焚き火台もセット。

「今晩は炭火焼き肉パーティーだぜ。へへへ……」

今回は地べたスタイルにしました。

本当は折りたたみマットを持ってきたかったんだけど、ザックを容量を食ってしまうので座布団サイズを購入。本当は大きなマットの上でごろ寝したかった。持ち物を厳選しなきゃいけないのが徒歩キャンパーの辛い所。

 

薪と炭の面倒を同時に見る。

100均で買った火吹き棒で交互に吹くいていく。

弱まった炎が吹くたびに燃え上がるさまは見ていて楽しい。

 

薪はそうでもないけど、炭がけっこう火花散るんですね。

 

f:id:bata-ko-hi-sarada:20211006055529j:plain

案の定、炭火でグランドシート(100均)に穴が空いてしまった。

100均シートなら良いけど、タープに穴が空いたら嫌だな。

焚き火、炭火する位置も考えないと。

 

炭火焼き肉パーティー

f:id:bata-ko-hi-sarada:20211006055339j:plain

前菜の焼きとうもろこし。

本当は皮付きをじっくり黒焦げになるまで焼いて作りたかったけど、旬すぎてたので皮なししかなかった。

しょうゆ砂糖バターを溶かしたものを塗って焼く。

調味料ちゃんと計ってこなかったからややパンチ弱いけど、美味しい!

 

f:id:bata-ko-hi-sarada:20211006055412j:plain

豚トロ。

 

f:id:bata-ko-hi-sarada:20211006055420j:plain

エリンギ、牛肉。

 

f:id:bata-ko-hi-sarada:20211006055445j:plain

にんにくにオリーブオイルをかけて焼いてみる。

 

肉を半分くらい食べたところでお腹いっぱいに。

昔は焼き肉食べ放題行ってたのに~!

焼き物ばかりで飽きてきたから爽やかなフルーツが食べたい。

 

f:id:bata-ko-hi-sarada:20211006055435j:plain

デザートに焼きマシュマロ。

竹串に挿して火元でぐるぐる回すだけ!

サクとろで美味しいけど、口は酸味のあるフルーツを求めている。

 

f:id:bata-ko-hi-sarada:20211006055440j:plain

こんなことしちゃったりして。

スモア~!!

焼きマシュマロをアルフォートで挟んでみました。

 

お腹いっぱい食べて、歯を磨いて、この日は就寝。

 

早朝の氷川キャンプ場

f:id:bata-ko-hi-sarada:20211006055453j:plain

5時~6時くらい。

 

f:id:bata-ko-hi-sarada:20211006061615j:plain

雨降ってないけど、タープ、フライシートに水滴が。

 

f:id:bata-ko-hi-sarada:20211006055510j:plain

トイレ、暗い中でも明かりがついているから安心。

 

f:id:bata-ko-hi-sarada:20211006055501j:plain

水場にも明かりが。

 

夜も川の音が聞こえた。自然の中にいるって感じ。

 

カオスな朝食

f:id:bata-ko-hi-sarada:20211006055537j:plain

残りの薪を燃やす。

 

焚き火で昨日の焼き肉の残りを温める。

焚き火調理って難しい。

火のあたってない所は温まらないし、うかうかしてると焦げる。

 

f:id:bata-ko-hi-sarada:20211006055543j:plain

フリーズドライの味噌汁。

これも火があたってないですね……

かまどを適当に作ったツケがきている気がする。

 

朝焼き肉は失敗だったな~

朝はパンとか爽やかなものを食べたい。

 

f:id:bata-ko-hi-sarada:20211006055607j:plain

カフェクアラで期間限定、秋のパンFestaをやっていたのでシナモンロールとコーヒー購入。

シナモンロールうま~!」

トースターもあったから温めればよかったな。

コーヒーは挽きたて。苦すぎず、複雑な味がする。爽やかな朝に合う。

 

f:id:bata-ko-hi-sarada:20211006055624j:plain

9時頃にチェックアウト。

テント泊のチェックアウトは12:00までだからゆっくり撤収できますね。

受付には寄らずそのまま帰っていいみたい。

 

氷川キャンプ場は景色もいいし、スタッフは親切だし、アクセス良いし、ソロ多いし、ですっかりお気に入りのキャンプ場になりました。

あとは石ゴロゴロの環境をいかに快適にするかだなあ。

食事も見直したい。朝から焼き肉はないわ~。30代にはきついわ……

次回は爽やかな朝食が取れるように頑張るぞい!

【アロマディフューザー】『アロモア ミニ』で手軽に香りを楽しむ

f:id:bata-ko-hi-sarada:20210919130951j:plain

生活の木のアロマディフューザー『アロモアミニ』を紹介します。

手軽にアロマセラピーしたい、癒やされたい人におすすめ!

 

<アロモアおすすめ理由>

  • 精油の瓶をセットするだけ!(水がいらない)
  • お手入れは月に一回
  • 香りの薄い安物(自己責任)でもしっかり香る

 

精油の瓶を取り付けるだけ

f:id:bata-ko-hi-sarada:20210919130922j:plain

  1. 精油を取り付ける
  2. USBまたはコンセントにさす
  3. 電源ボタンを押す

手順はこれだけ、すぐ使える!

 

1分間に10秒噴射、50秒静止

f:id:bata-ko-hi-sarada:20210919130959j:plain

ずっと噴射してたらもったいないけど、間欠運転。

ちょうど香りが保てる間隔で噴射してくれる。精油の節約にもなりそう。

 

2時間経てば自動的に消える

f:id:bata-ko-hi-sarada:20210919130932j:plain

精油を無駄にすることもなく、寝落ちしても安全安心

 

いつでもどこでも使える

f:id:bata-ko-hi-sarada:20210919130942j:plain

パソコンにUSBでつなぐこともできるし、

ACアダプターを取り付けてコンセントにつなぐこともできる。

デスクワーク中も、ゴロ寝中も使える。

空き缶サイズだから持ち歩きやすい。

旅先にも持っていけそう。

 

お手入れは月1回

ボトルに洗浄液を1/3程度入れ、本体にセットして2時間稼働させるだけ。

お手入れのタイミングは月1回、精油をすべて使い切るor途中で入れ替える場合。

専用クリーナーかエタノールで洗浄する。

 

水に精油を垂らして噴射するタイプは使用後洗うのが面倒。

熱で温めるタイプは精油がネバネバして取り除くのが大変。

 

アロモアはボタンを押したら自動的に洗浄してくれるから、

時間短縮、手間かからない、手が汚れないと一石三鳥!

 

しっかり香る(6~12畳まで有効)

今まで陶器の上に精油を垂らして温めるアロマディフューザーを使っていたけど、安い精油だと香りが弱くて物足りなかったんですよね。

その時使っていた同じ精油をセット。(本当は生活の木精油じゃないといけないみたいだけど、ビンの形が同じだったので自己責任で使ってみた)

そうしたらなんと、今までの2倍は香るように!

アロモアは精油の微粒子を空気で拡散させるディフューザー

だから熱で温めるよりもしっかり拡散されて、香りを強く感じるのかも。

 

気になること

噴射する時、ジーって音がする

物音が気になるタイプなので集中したい時、寝る時は消している。

その前にある程度香りを広げておけば集中できるし、気持ちよく寝られる。

 

今の所、気になることといったら、このくらいですかね。

レビューの中には「すぐ壊れた」「デスクで使用するには匂いがきつかった」という人もいるようです。

私は自己責任で安い精油使っているので香りは丁度いいくらいなんですが、多分生活の木などの良い精油だと香りも強く感じるのかもしれないですね。

ソロキャンプ効果について考えてみた【パーソナルスペースは作れる!】

f:id:bata-ko-hi-sarada:20210425174316j:plain

ソロキャンプの効果について考えてみました。

 

 

パーソナルスペースは作れる

f:id:bata-ko-hi-sarada:20210911144836j:plain

世の中には大勢の中にいて安心する人もいるし、自分の領域に踏み込まれるの苦手な人もいる。

私はどちらかというと自分の領域に踏み込まれるのが苦手なタイプ

人と交流するのは楽しいけど一人の時間も大事。

誰かといる時間、一人の時間、3:8くらいで欲しい。

 

ただ、この過密都市東京、どこに行っても人で溢れてる

電車に乗れば、目の前にいちゃつくカップル、騒ぐ子供を注意しないスマホポチポチ親。足を組んでる人の靴底が当たりそうだし、匂いのきつい人、咳をやたらする人もいる。

歩道を歩けば、道いっぱいに広がって歩くグループ、ファミリー。

家の中でも、外で騒いでる声がうるさくて窓も開けられない。酷い時には部屋の中でイヤマフをして過ごすことも。(自分の家なのに~!)

 

そんなストレスばかりの日常……

家の中はまだしも「外でパーソナルスペース守るの無理でしょ」と諦めてました。

 

本当はキャンプとかしたかった……

ただキャンプはグループ、ファミリー、カップル向けのリア充趣味。

「一人なんて変な目で見られるに決まってる」

「わざわざ騒がしいところに行くなんて」

「テントなんて防御力のない紙装甲じゃん」

こんなことを思ってました。

 

不可能だと思っていたことを可能にしてくれたのが昨今のソロキャンプブーム

「一人でもキャンプしていいんだ!」と目からウロコ。

大人だけの静かなキャンプ場、ソロ専用サイトと一人でも過ごしやすいキャンプ場があることを知る。

時間や場所を工夫すれば、私みたいな周囲を気にするタイプでも外でのんびり過ごせる。

それがわかったのが近年で一番大きな出来事でしたね。

自分のこれからにかなり影響与えたと思う。

 

おひとりさま向けのサービスがどんどん増えてきて、

私の世界もどんどん広がっていく

今まで一人だからと我慢していたことが、できるようになった。

そのきっかけを与えてくれたのがキャンプだったんですね。


日常のありがたみがわかる

f:id:bata-ko-hi-sarada:20210911144622j:plain

キャンプって楽しいけど不便なこともいっぱい。

外の美味しい空気を肺いっぱいに取り込んで、きれいな景色で目を癒やす。

得られるものはたくさんある。

けど普段当たり前に受け取っていたものがなくて不便を感じたりもする……

 

お湯を贅沢に張った湯船、ふかふかのお布団、清潔な服、ボタン一つで美味しいご飯が炊ける炊飯器、冷たいものをいつでも取り出せる冷蔵庫。

普段は当たり前にあるものがない。

ないことがこんなに不便なんだって気付かされる。


その状態で家に帰ると自宅が天国に見える

お風呂、お布団、ホカホカご飯、冷たいアイスにドリンク。

「自分、こんなに贅沢な空間で暮らしてたのか!」としみじみ感じる。

たった一泊で色あせた日常が鮮やかに変わる。

これぞキャンプの魔法!

 

キャンプで日常で得られない開放感を味わい、

帰宅して日常の利便性に気づく。自分が恵まれていたと気づく。

一度で二度の喜びを味わえる。

旅行でも感じるけど落差が激しい分、キャンプのほうがより大きな喜びを得られるんじゃないかな?と思います。

 

簡単に達成感を味わえる

f:id:bata-ko-hi-sarada:20210426055949j:plain

達成感を得る=自己肯定感が高まる。

普通、達成感を得るのって時間と労力を伴う事が多いですよね。

でもキャンプでは簡単に得られるんですよ。

 

f:id:bata-ko-hi-sarada:20210425100837j:plain

テント設営できた!

 

f:id:bata-ko-hi-sarada:20210425170233j:plain

焚き火が燃えた!

 

f:id:bata-ko-hi-sarada:20210425101321j:plain

芋が焼けた!

 

f:id:bata-ko-hi-sarada:20210911144728j:plain

燻製ができた!


これらを成し遂げるごとに自己肯定感がUP!

「なんだ……自分、意外とできるじゃん!」

 

キャンプはまだまだできることがたくさんある。

この先いくらでも達成感を作り出せる。

「自分なんて……」と落ち込む暇もないくらい!

 

あと自然の中、テント泊した経験も自信につながると思う。

いつ災害が起きるかわからない。

そんな時でも屋外での過ごし方を身に着けていればちょっと安心。

いざという時の予行演習にもなる。

 

得られるものがいっぱいあるキャンプ。

これからも癒やされるため! 自己肯定感を上げるため!

色んな所に行ってみたいと思います。